「外階段」の画像検索をきっかけに、玄関前などのそれは「perron」ペロン?という言い方もあるそうで、へえ~っとかつぶやきながら、ライトの落水荘のを見たりしているうちに ハッ?!とする画像に出会いました。それが今回の記事のトップに置いた画像です。
最初、美術館かな?と感じてしまったこの建物は、プロジェクトごとにチームを組む同盟「DUST」の作品 in アリゾナ州、図面を見るとさほど大きくはない平屋建ての別荘でした。
Tucson Mountain Retreat – Dust
駐車場から玄関まで120m離れているのは意図的とか、平面図を見るとミュージシャンために計画されたらしく、俗世間から離れ、夜には星の音しか聞こえない砂漠の中で作曲に没頭する・・・みたいな。

家は、主に版築で造られています。

とありました。 版築?

版築(はんちく)とは、土を建材に用い強く突き固める方法で、堅固な土壁や建築の基礎部分を徐々に高く構築する工法を指す。

だそうです、えっ?この建物コンクリートじゃないの?!! またもや驚きでした。

野呂博志
SE, Designer, 3D, Web, DTP