こんにちは青空設計の金城です。
本日も北は金武から南は南城市まで、現場を回りました。
車の移動が多いのもあってか、「車の数が多いなー」と感じることがあります。
時間帯や道順によって、移動時間が全然違うので、車での移動は工夫していきたいですね。(安全運転が第一ですが)
本日は2階壁の配筋検査から。
開口補強筋。左上のスリーブ補強筋もしっかり入っています。
補強筋は、開口部四方周辺と、開口部の四方隅に斜めに入っています。
補強筋の目的は 開口部の地震に対する補強がメインです。
斜め筋はコンクリートの収縮割れの割れ防止になります。
設計図書と配筋をひとつひとつ確認しながらの作業。
無事完了し、各現場へ土壌処理や手直し部分の確認などを行いました。
そして夕方からは、引渡しが終わっている住宅ですが、昨日「すこし不具合がある」と連絡があった現場へ向かいました。
関連業者さんと同行し、状況を確認。すぐさま対応・段取りを行いました。
連絡があった時間が少し遅い時間だったので翌日にはなってしまいましたが、このようなケースはやっぱりスピードが大事です。
可能な限り、迅速に対応していきたいと思いました。
実は最近、8年前に引渡しを行った施主様へ「住宅ローンの借換え」についてお話させて頂く機会があり、手続きを行ったあとにとても喜んで頂きました。
8年前の青空設計との思い出話しに花が咲き、「~さんは元気ね?」とか、昔の写真を見ては懐かしそうにお話ししてくれます。
とてもうらやましく感じましたし、僕も頑張らねばと改めて気を引き締めました。
ではまた♪