こんにちは♪青空設計の金城です。
今日11月11日は「ポッキーの日」らしいですね♪
ラジオでポッキーの話しを聞いてると無性に食べたくなって買ってきましたよ(^^)
やっぱりこの日は人気らしく、スタンダードなやつは売り切れてました(;一_一)
ポッキーの日以外にも、「公共建築の日」、「配線器具の日」など11月11日は建築に関する記念日があるんですよ♪
毎日今日は何の日かを見て、日々の生活に少しアクセントをつけるのも良いかもしれませんね(^^)
さて、本日は側枠解体の現場へ♪
先日スラブ打設を行った現場の型枠の側面を解体しています。
型枠の取り外しは、最少在置期間を経た後に行います。(平均気温が15℃以上で3日)
スラブ下の解体はコンクリート打設から17日後。(設計強度85%以上)
梁底は28日後。(設計強度100%)
コンクリートの強度が十分に出るまで、2階の建て込みの準備をしていきます。
次の現場は、基礎工事中♪
この枠にコンクートを流し込み、建物の土台をつくっていきます。
地面に隠れて見えませんが、下部はこんな感じ。
明日は、こちらの基礎配筋検査を予定しています。
一つ一つ施工とチェックを繰り返しながら、家づくりは進んでいきます。
この様子を打合せや工程会議の際に、施主様へ分かりやすくご報告し、安心して完成を待って頂けるように頑張っていきたいと思います。
ではまた♪