本日は地中に埋められた基礎の底辺部分の鉄筋が設計図書に従って配置されているかの検査を行いました。
入念に確認していきます。
地盤によってフーチングの大きさも変わってきます。
今回の配筋検査で確認をしながら写真を撮っていたらかなりの数になっていました(^_^;)
「それは撮りすぎだろ」という方もいらっしゃるだろうと思うぐらいの数でしたが、施主様にとっては嬉しいことだと思います♪
この基礎の下に、杭が打ち込んであります。
杭の上に基礎フーチングがのっかって、杭がしっかり支えるわけですね。
検査後、別のお客様との住宅ローンの打合せ。
ちなみに弊社がアライアンスパートナー(代理店)をしている、【MSJフラット35】が今月、最低金利を更新しました!!
低金利の時代に、長期固定金利のフラット35を利用し安心の資金計画で家づくりを考えてみてはいかかでしょうか?
話しを戻しまして♪
この打合せは設計担当との打合せの後に行いました。
住宅ローン担当 「では、ご都合のよい日に手続きを行いましょう。」
施主様 「それでしたら、○月○日が都合がいいです!」
そうすると
設計担当 「○日でしたら、その際に~の件を決めましょうか?」
こういう流れも出てきます。
効率的で施主様も都合がつきやすいし、時間を置かずに説明を受けるので理解しやすいと思います。
今回、打合せをしたご夫婦はとても明るく、打合せ中に何度も大笑いをしていて、とてもうらやましかったです♪
家が造られるまでの流れは、分かりにくいようで結構シンプルだったりします。
昨日のブログでも書きましたが、分離発注で「価格の見える家づくり」の考えを実践している青空設計ですから、工事の過程も「見えやすい」「分かりやすい」を、このブログでも表現できたらなと思います。
最近になって、ゴールデンアワーのミキトニーが気になってしようがない金城でした。
ではまた♪