やはり吸い寄せられるように沖縄に向かってきています。
台風。
強風や大雨による災害に、くれぐれもお気を付け下さい。
さて、本日は杭工事が行われました。
長い期間、設計の内容を打合せしてきた施主様にとって「さぁ、いよいよ工事が始まった!」と感じるのが、この瞬間でしょうか。
杭工事とは、基礎工事のひとつで地盤が軟弱な場合に建物の荷重を地盤が支持できるように杭を打ち込む工事のことです。
建物を支える為に、硬い地盤まで杭を伸ばすことで、地震や地盤の弱さに負けずに建物を支えます。
台風の影響もあり、本日は試験杭が支持層(硬く良質な地盤)に到達したところで終了しました。
「試験杭」とは、杭本工事の前に杭の打ち込み作業や、杭の支持力を検討する為に、杭を打ち込むことです。
支持層が地盤調査結果通りかを確認することも、目的のひとつとなります。
土中の地質がどのようになっているかで、これから先の杭工事、土工事にも影響しますので、現場にもより一層の緊張感が漂います。
今回は施主様の希望により、動画も撮影しました。
杭が入っていく様子や、支持層に到達する様子を見て頂けると思います。
工事中には、施主様のご家族が差し入れも持ってきて頂きました。こういう昔ながらの温かいコミュニケーションが家づくりにはあります。
ありがとうございました。
さて、昨日のブログにも書きました、11日、12日に予定していた見学会が台風により、中止となります。今後の予定については
ホームページ等でお知らせすると思います。
楽しみにしてくださっていた皆様、ご予約を入れて頂いていた皆様、誠に申し訳ございません。
毎年、数々のイベントを中止に追い込む台風ですが、しっかりと向き合っていくしかありませんね、こればかりは。(毎年、楽しみにしている行事に限って直撃してくると感じるのは僕だけでしょうか)
それではまた!!