先日 久しぶりに映画を見ました。
「そして父になる:福山雅治」です。
カンヌ国際映画祭 審査員賞受賞作品として話題に作品です。
映画をみてすごく感動し、考えさせられる事が多かったです。
現実に自分の立場が置き換えらたらどうなるのだろう?
色々な事が想像でき、とても怖くなりました。
でも、邦画はほとんど映画館で見たことないですが、
とても良かったです。