先日 住宅かし保険の検査員として沖縄県南部の埋め立て地に行きました。
埋立地ですが、結構大きな建物も建っていて、今後が楽しみの地域なるのを感じました。
沖縄県内では木造住宅は少ないのですが、月に3~5回程度は木造物件の検査に行かせてもらっています。
木造には木造の特徴があり、鉄筋コンクリート造、鉄骨造のもそれぞれ特徴があります。一生に一度あるか無いかの「マイホーム造り」良い点、弱い点を確認しての判断が求められますね。
皆さんの「将来の幸せ作り」のお手伝いとして私たち建築士がいます。そんな設計士も当然個性があります。
まずは、建築士に気軽に相談してもらい、皆様がこの人なら!と思った建築士に家造りプロジェクトを依頼してはどうでしょうか?
—–