旧暦の12/8は、沖縄ではムーチー(鬼餅)です。
ムーチー説明として、
ムーチー(餅、鬼餅)は、沖縄県で一般に食される菓子の一種。餅粉をこね、白糖や黒糖で味付けを行い、月桃の葉で巻き、蒸して作る。旧暦の12月8日(グレゴリオ暦では1月)には健康・長寿の祈願のため縁起物として食される。
気候的に、一年でとても寒くなります。沖縄では、この時期の寒さを「ムーチービーサ」と呼んでいます。
風邪も流行っているみたいですが、皆さん、ムーチーを食べて、この冬も元気で過ごしましょう。