例年高校生、専門学校からのインターンシップ(職場体験)を受入れしていますが、今年も先週「美里工業高校」「普天間高校」から要請がありました。
今回は美里工業 2年(大城君、譜久原君)、普天間(堀内君、照屋君)がインターンシップとしてそれぞれ体験してもらいました。学校側の希望で美里工業生は美里設計室で、普天間高校生は宜野湾本社でそれぞれ行いました。
同じ高校2年生でも、普通科と建築科と違うのでそれぞれ授業で学んでいる内容は違いますが、4人の目標は「将来設計士として免許とり、建物の設計、デザインに関わっていきたい」と一つでした。
「あいさつ、現場見学、作図、模型作り、プレゼンテーション」を体験してもらいました。3日間、5日間とそれぞれ短い期間でしたが、「設計の仕事」の楽しさを少しでも感じてくれたら幸いでえす。
姉歯の事件以来世間で様々な分野で「偽装事件」が発覚しています。しかし、私達は今お客様の家造りが出来る事に感謝し、次世代に誇れる「設計事務所」をこれからも、続けて行きたいと思います。
インターンシップを体験した高校生達の今後の活躍を応援しています。